ロコモティブシンドローム|足立区竹ノ塚の整形外科ならろくごう整形外科 竹ノ塚駅より徒歩5分

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドロームについて

進行すると介護が必要になるリスクが高くなる

運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態を「ロコモティブシンドローム(locomotive syndrome、略称:ロコモ、和名:運動器症候群)」と言います。
ロコモが進行すると、介護が必要になるリスクが高くなってしまいます。
ロコモは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、もしくは複数に障害が起こり、歩行や日常生活になんらかの障害をきたしている状態です。2007年、日本整形外科学会は人類が経験したことの無い超高齢社会・日本の未来を見すえて、このロコモという概念を提唱しました。
いつまでも自分の足で歩き続けていくためには、ロコモを予防し、健康寿命を延ばしていくことが必要なのです。

運動器の働き

人が自分の体を自由に動かすことができるのは、骨、関節、筋肉や神経で構成される"運動器"の働きがあるからです。骨、関節、筋肉はそれぞれが連動しており、どれか一つが悪くなっても体はうまく動きません。運動器は、人の健康を支える根幹なのです。

若いうちから運動習慣を身につけましょう

骨量や筋肉量のピークは20~30代です。骨や筋肉は適度な運動で刺激を与え、適切な栄養を摂ることで、強く健康に維持されていきます。弱った骨や筋肉では、40代・50代で体の衰えを感じやすくなり、60代以降には思うように動けない体になってしまう可能性があります。若いうちから運動習慣を身につけることが大切です。
また筋肉や骨と同様に、軟骨や椎間板にも適正な運動負荷が必要です。ただし、過度なスポーツや過体重によって「負担をかけられ過ぎる」と、軟骨や椎間板は逆に傷んでしまうこともあります。また、やせすぎると筋肉や骨は弱くなってしまいます。肥満とやせすぎは、いずれもよくありません。

※当院では、ロコモティブシンドロームの方に対する筋力トレーニング、歩行訓練、転倒予防指導を行っております。ロコモの可能性が疑われる方、また将来のロコモが心配な方は、お気軽にご相談ください。

ロコモってなに? 日本整形外科学会公認 ロコモティブシンドローム予防啓発公式サイト

▲ ページトップ